« オープン(^^)/ | トップページ | 咽頭結膜熱(プール熱) »

2008年8月21日 (木)

小児科は何歳まで受診できる?

『小児疾患の部屋 第1話 小児科は何歳まで受診できる?』

さて、みなさん小児科は何歳まで受診可能かわかりますが?

たいていの人は、中学生から高校生になった時点で内科や外科、整形外科にかかる人が多いかと思います。

小児科に行くと、赤ちゃんから就学前の子どもや小学生がたくさんいる中で中学生や高校背の大人と変わらない体の子どもたちが行きにくいのはもっともである。

では、基本的に小児科は何歳までしか受診できないと決まっているのでしょうか?

実は小児科は特に何歳までという決まりはなく、20歳を超えても症状によっては診察してくれますwobbly

しかしながら、一般的に小児科を利用するのは中学生ぐらい迄といわれています。

基本的に、中学生を境に成長がほぼ大人の基準域に入ってくると同時に、薬の用量を決める体重が大人と同じくらいになるからです。また、思春期を過ぎて大人にへの移行時期に入ると、病態によっては子どもと大人の体格や各種臓器・器官の発育状況により診察・診断が変わることもあるのも理由の一つではないかと思います。

一方、子どもの時から慢性の病気、例えばアレルギーなどで受診していた場合は、15歳を過ぎても継続して小児科に受診するようにいわれる場合があります。

いずれにしても、小児科医であろうが内科医、外科医等であろうが、一般的な急性疾患の場合はどの診察科にかかっても、診てもらうことはできます。

一番大切なことは、受診する側がどれだけその医者を信じて診てもらうかではないかと思いますが、皆さんはどう思われますか?

でわ、また来週(来週は定期の水曜日です)happy01

|

« オープン(^^)/ | トップページ | 咽頭結膜熱(プール熱) »

小児疾患全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072671/23118925

この記事へのトラックバック一覧です: 小児科は何歳まで受診できる?:

« オープン(^^)/ | トップページ | 咽頭結膜熱(プール熱) »