« 下痢の時の食事 | トップページ | 結核ワクチン(BCG)の予防接種 »

2008年9月24日 (水)

予防接種とは?

『小児疾患の部屋 第6話 予防接種とは?』

さて、今日からは乳幼児の『予防接種』に関して数回に分けてお話し致しますhappy01

今日は、まず予防接種とは?という知っている人もいるかもしれませんが、これから予防接種、特にこれから初めてという人には、いろいろな本を含めて参考にして頂けたらと思います。

予防接種は、人の免疫反応を利用するものです。従って、予防接種の効果は受けた人の体の状態によって左右されます。

この予防接種は、病原菌に由来する異物(ワクチン)を体の中に入れることによって、人に人為的に免疫力を与えて感染症の予防をするものです。

 1)予防接種の目的

   予防接種は、感染の予防、発症の予防、症状の軽減を図

  ることを目的としています。予防接種により、人為的に免疫

  を付けることにより、

    ①その病原体が増殖できないようにする

    ②病原体が気道の粘液などで増殖しても、その人が病

     気にならないようにする

    ③病原体が増殖して症状が出ても、それを軽くするよう

     にする

  が期待されます。

   予防接種により、感染しやすい病原体から身を守ることで、

  感染症による重症化や死亡、さらには感染の流行・拡大を

  防ぐことができます。

 2)予防接種のワクチン

    予防接種で使うワクチンには、生ワクチン、不活化ワク

   チンの2種類があります。

   ①生ワクチン

     生ワクチンは、生きた病原体の毒素を弱めたもので、

    その病気にかかったのに近い免疫(抗体)をつくろうとす

    るものです。

     接種後から、体内で病原体の増殖が始まるので、それ

    ぞれの持っている性質に応じて発熱や軽い症状が出る

    ことがあります。十分な抗体が獲得されるのには1ヶ月

    が必要です。

     日本で使われている生ワクチンには、ポリオ、麻疹・風

    疹混合、麻疹(はしか)、風疹、おたふくかぜ、水痘、

    BCG、黄熱があります。

   ②不活化ワクチン

     不活化ワクチンは病原体を殺し、免疫をつくるのに必

    要な成分を取り出して毒素をなくしつくったものです。

     この場合、病原体は体の中で増殖しないので、何回か

    接種し体に記憶させて免疫をつくります。一定の間隔で

    数回接種し初回免疫を付けた後、約1年後に追加接種

    をして基礎免疫ができあがります。

     しかし、放置するとまた少しずつ抗体が減ってしまうの

    で、長期に免疫を保つ場合には、それぞれの性質に合

    わせて一定の間隔で追加接種が必要です。

     日本で使用されている不活化ワクチンには、コレラ、

    A型肝炎、ワイル病秋やみ混合、沈降百日咳・ジフテリ

    ア・破傷風混合(沈降DPT)、インフルエンザHA、肺炎

    球菌多糖体、沈降ジフテリア破傷風混合(沈降DT)、

    沈降破傷風(沈降T)、B型肝炎、日本脳炎があります。

以上のように、予防のためのワクチンにより、昔から比べればこれらの感染病によ発症は減ってきています。

特に、乳幼児においてはかかりやすい感染症より防御するにはワクチンの接種は必要不可欠です。従って、どのタイミングでどのワクチンを接種すればいいかをきちんと理解しておくことが重要となります。

でわ、次回からこれらのワクチンに関してお話ししていきますconfident

                参考 : 予防接種の手帖<第八版> / 近代出版

|

« 下痢の時の食事 | トップページ | 結核ワクチン(BCG)の予防接種 »

予防接種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072671/23963888

この記事へのトラックバック一覧です: 予防接種とは?:

« 下痢の時の食事 | トップページ | 結核ワクチン(BCG)の予防接種 »