« ポリオワクチンの予防接種 | トップページ | 麻疹風疹混合(MR)ワクチンの予防接種 »

2008年10月15日 (水)

DPTワクチンの予防接種

『小児疾患の部屋 第9話 DPTワクチンの予防接種』

さて、3回目はDPTワクチンの予防接種についてです。happy01

 DPTワクチンとは、正確には沈降精製百日咳ジフテリア破傷風混合ワクチンといい、百日咳菌(東浜株)とジフテリア菌及び破傷風菌の産生する毒素をそれぞれホルマリンで無毒化(トキソイド化)し、アルミニウム塩を加えて不溶性としたものです。このDPTワクチンは、大切な予防接種の一つです。

 DPTワクチンの接種は、3回の接種でまず十分な免疫を付け、からだに免疫を付けることを覚えさせ(基礎免疫)、その後に1回の追加の接種をすることで高い免疫を付ける接種の方法です。

 DPTワクチン終了後、11歳になった時に、低下した破傷風とジフテリアの免疫を高めるためにDTトキソイドの追加接種を行います。尚、この年齢では百日咳ワクチンの接種は必要がないためDPTではなくDTとなります。

 では、ここでそれぞれの病態について説明しましょうconfident

 1.百日咳(pertusis)

   百日咳菌が産生する毒素によって起こります。百日咳菌

  の飛沫感染によって、はじめは風邪のような症状が1~2

  週間続き、その後痙攣性の咳の発作と、咳が続き咳き込

  んだ後に特徴的な吸気性笛声(てきせい、Whoop:息を吸

  うときにヒューッという)があり、特に夜間に激しい咳の発

  作を特徴としています。

   発作性の咳は3~4週間も続き、次第に減少はしていき

  ますが、乳児ではこのような咳をすることができないため

  呼吸困難となり、肺炎や脳症を引き起こしやすくなります。

  特に生後6ヶ月前の乳児がかかると重症になるといわれ

  ています。

 2.ジフテリア菌(Diphtheria)

   ジフテリア菌が産生する毒素によって起こります。ジフテ

  リア菌の飛沫感染により次の症状を呈します。

    1)鼻ジフテリア

      乳児に多く,鼻汁に血液が混じってきます。

    2)咽頭ジフテリア

      一番多い病型で,幼児などがかかりやすく、喉の痛み、元気消失、

     嘔吐などの症状が主体で、発熱は38℃前後になることがほとんどです。

    3)喉頭ジフテリア

      幼児に多く、しわがれ声、犬の遠吠え様の咳、呼吸困難が特徴です。

 3.破傷風(tetanus)

   破傷風菌が産生する毒素によって起こります。けがをした

  時土壌中にいる破傷風菌が傷口に入って感染します。

   神経症状が主に認められます。口唇や手足のしびれ、

  味覚異常が初期に出現し、その後口を開けにくくなるとか

  全身けいれんが起こってきます。致命率が高く、自然感染

  による免疫が成立しません。破傷風は人から人にうつる

  病気ではないため、自然に感染して免疫ができることはな

  く、免疫を付けるにはワクチンしかありません。

では、実際の接種法にについてですcatface

  1)対象年齢と時期・回数

   ①Ⅰ期定期接種(DPT)

    ・Ⅰ期初回接種3回(基礎免疫)

     生後3ヶ月以上12ヶ月未満に、3~8週間の間隔をあけて3回受ける

    ・Ⅰ期追加接種1回

     Ⅰ期初回接種終了後12ヶ月以上18ヶ月未満の間に1回受ける

   ②Ⅱ期定期接種(DT)

     11歳以上13歳未満で、標準は11歳時に1回受ける

  2)接種料金

    無料

  3)接種量

   ①Ⅰ期定期接種(DPT)

    1回の接種量は0.5mLで皮下注射

   ②Ⅱ期定期接種(DT)

    1回の接種量は0.1mLで皮下注射

  4)接種を受けられない場合

   ①明らかに発熱のあるこども

   ②重篤な急性疾患にかかっているこども

   ③接種を受けようとするワクチンに含まれている成分によってアナフィ

    ラキシーを起こしたことのあるこども

   ④医師が不適当と判断した場合

  5)接種を受けるときに注意が必要な場合

   ①心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気、発育障害などの基礎疾患

    を持っているこども

   ②前回の予防接種で接種後2日以内に高熱が出たこどもや、全身性

    発疹などのアレルギー性の反応を起こした事のあるこども

   ③痙攣(ひきつけ)を起こしたことのあるこども

   ④免疫不全の診断がついているこども、近親者に先天性免疫不全症

    の者がいるこども

   ⑤接種しようとするワクチンの成分でアレルギーを起こす恐れのあるこ

    ども

                    以上の場合は、接種医と相談して決める

  6)Ⅰ期定期接種を規定通りに受けられなかった場合

    確実な免疫を付けるには、Ⅰ期とⅡ期の接種を決めたとおりに受ける

   とが大切です。しかし、予定した日に受けられないことはよくあります。

   間隔が開いてもかまいませんので、生後90ヶ月になる前(定期の接種

   期間)にⅠ期の接種を規定回数受けるようにして下さい。

    尚、この場合の受け方につきましては、様々な場合がありますのでこ

   こでは記載しません。従って、必ず予防接種を受ける医療機関等に相

   談して指示されたとおり接種を必ず行うようにして下さい。

  7)副反応

   ①接種箇所が赤く腫れることがある(2~3日で消失)

   ②腕全体が腫れることがある(Ⅰ期3回目やⅠ期追加接種時)

   ③接種後にあまり念入りに揉むと接種局所でワクチン液が広がり、ワク

    チン液に対する反応が大きくなる傾向がある

   ④接種部位において小さなしこりが1~2ヶ月残ることがある

   

以上が、DPTワクチンの予防接種についてです。接種は4回でその後DTワクチンを1回接種して全てが完了になります。必ず忘れずに期間と回数を守って受けるようにして下さい。confident

次回は、麻疹・風疹についてです。

でわpaper

                 参考 : 予防接種の手帖<第八版> / 近代出版

|

« ポリオワクチンの予防接種 | トップページ | 麻疹風疹混合(MR)ワクチンの予防接種 »

予防接種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072671/24510197

この記事へのトラックバック一覧です: DPTワクチンの予防接種:

« ポリオワクチンの予防接種 | トップページ | 麻疹風疹混合(MR)ワクチンの予防接種 »